京都のキャバクラは観光客が多いのが特徴

京都は日本を代表する一大観光地。京都市内を一望できる世界遺産の清水寺、縁結びの神様として有名な地主神社、京都でも最も有名な寺社・金閣寺、稲荷大社の総本山・京都伏見稲荷大社など、見どころは多数。

京都には国内外から多くの観光客が殺到し、ホテルや旅館、観光地はもちろん、お店にも外国人が多数やってきます。キャバクラも例外ではありません。外国にはキャバクラのように美しく着飾った女性が男性をお酒を会話で接待するお店がないため、大変珍しがられます☆

京都のキャバクラは観光客相手に商売をしているお店も多いです。特に祇園や木屋町にある和の趣溢れる高級店は観光客や富裕層にターゲットを絞り、レベルの高いキャバ嬢を採用し店内インテリアも上品。高級キャバ店は時給も高いので、短期間でどんどん稼ぎたい女の子には狙い目です♪

英語などの外国語ができると有利

京都は外国人が多いので、英語や韓国語、中国語が堪能な女の子は採用が有利になる事も。女子大生も働いていますが、英語や中国語専攻の女の子はかなり有利です!

もしも今英語が話せなくても、今はオンラインの英会話レッスンなどがたくさんあって、キャバクラで会話できるレベルの英語なら数ヶ月で習得することができます!
私は3ヶ月集中型の「産経オンライン英会話」で英語を習得しました。お陰様で観光に来た外国人にはいつも私が接客しています(笑)
私の場合はキャバ嬢として副業を始める前にたまたま英語の勉強をはじめていたので、面接でもそれをアピールして、すんなり本入店できました。

産経オンライン英会話の場合は、3ヶ月集中パックで毎日25分~50分、Skypeなどを通じてレッスンを行います。
また担当の先生につでも日本語でメール質問などもできて、サポートもバッチリでした☆

英語を勉強すれば、キャバ嬢になった後も有利ですし、何より英語の勉強って結構楽しいです!

京都ならでは!和の雰囲気を打ち出したキャバクラもある

京都と言えば古き良き日本の文化が息づく美しい街。特に古い歴史を持つ京町屋は外国人観光客にも大人気です☆
そんな京町屋を丸ごと1軒リノベーションした高級キャバクラもあり、徹底的に和の雰囲気にこだわったお店もあります。

京町屋をリノベーションしないまでも、店内インテリアを和風にしているお店も少なくありません。店内に枯山水風の中庭を作ったり壁に扇を飾ってみたり、和風VIPルームを完備しているお店もあり、京都ならではの和風のお店もかなりあります。

和風を前面に打ち出したお店では、年に何回か着物や浴衣での接客も行っています☆
着物だと店内を自由に動きにくいのが欠点ですが、キャバクラは非日常を楽しむ場所なのでキャバ嬢の努力は必要。
他のエリアでは和装での接客(特にキャバクラ)はなかなか見られないので、これも京都ならではの特徴ですね♡

京都のキャバクラといえば、「祇園」と「木屋町」エリアが有名

京とのキャバクラと言えば、ほとんどのお店が祇園と木屋町に集中しています。祇園は京都を代表する繁華街で、石畳を歩く芸者さんのイメージがあります。祇園は昼間は観光客でごった返すエリアなのですが、夜も観光客の方が多い地区です。(当サイトでは京都で働きたいキャバ嬢のために、京都にあるおすすめのキャバクラを紹介しているので、そちらも併せてご覧ください!)
ではそれぞれのエリアのキャバクラ店の特徴を見てみましょう!

祇園エリアのキャバクラの特徴

祇園は体験入店出来るお店だけでも約30軒以上のお店があります。姉キャバや半熟キャバクラ、熟キャバ、朝キャバ、昼キャバもあれば、高級路線のお店、大手法人が経営するお店、新規オープン店などもありバリエーションはかなり豊富☆
祇園は京都でも有数の歓楽街にあり高級路線のお店が多いので、時給が全般的に高めなのが特徴です。体験入店でも時給5,000円以上のお店がとても多いですよ☆

木屋町エリアのキャバクラの特徴

祇園のキャバクラよりも庶民的なキャバクラが多いのが、木屋町の特徴です。観光客よりも地元のお客様をメインに接客しているお店も多いですね。
そのため、祇園だと体験入店でも時給が約5,000円からスタートするお店が多い中、木屋町の場合は3,500円前後からのお店が多い印象です。

高級店ではなく庶民派のお店が多いので、採用のハードルがそれほど高くないのがメリット!初めてキャバクラで働くなら、まずは庶民派のお店で勉強させてもらい、次に高級店に挑戦するのも良いですよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA