ポイント① 面接では志望動機を明確に!

キャバクラの面接でも他のバイトと同じように「なぜキャバクラで働こうと思ったの?」と言う動機を聞かれます。誰でもそうですよね?働きたいと思ったら何かしら理由があるはず。
キャバクラの面接でも必ず聞かれるので、きちんと答えられるようにあらかじめ回答を考えておくと良いですよ☆

ぶっちゃけ志望動機に正解はありません。「とにかく金欠でお金が欲しいから」って女の子も結構います。実際にお金がないから働いているので、この理由は納得出来ますよねw
もうちょっと踏み込んで回答するとすれば、
「大学生で親の仕送りが少ないので生活が大変です」
「OLなんですが、会社の給与がカットされて生活が苦しくなりました」
「将来アメリカ留学したいのでお金が欲しい」
など、具体的で納得出来る理由がきちんと言えればそれでOKです☆

面接官に対して、どれだけしっかりした返事が出来るかがチェックされているわけなんですが、志望理由が曖昧で「何を言ってるのか分からない、理解出来ない」と判断されてしまうと「お客様との受け答えも上手くいかないのではないか」と思われて不採用になるかも。面接前に志望動機はしっかり頭の中でまとめておきましょうね。

ポイント② キャバ嬢としてどのくらいの額を稼ぎたいかも明確に!

キャバ嬢はその気になれば月数十万~数百万の稼ぎが期待出来るお仕事です。もちろん勤務エリアやお店によっても差がありますが、女の子が国家資格や学歴に関係なく「稼げるお仕事」である事は間違いないですよね。

そこで大事なのは「毎月いくら稼ぎたいのか明確にしておく」こと!
毎月20万円稼ぐ努力と50万円稼ぐ努力が同じわけではありませんよね?より高い報酬を稼ぐためなら、お店だって選ばなければなりません。
お店によっては「毎月いくら稼ぎたいですか?」と面接で聞かれる事もあるので、具体的に「月30万円は稼ぎたいです」「100万円以上欲しいです」と伝えておくとgood!

「月100万円はうちでは無理ですね」とか「うちでは半分くらいの女の子が月30万円くらい稼いでます」とか、稼げる目安を答えてくれますよ。面接で必ず聞かれるかどうかは分かりませんが、どれくらいの金額を毎月稼ぎたいのか、あらかじめ決めておくと面接でも戸惑わなくてすみます。

ポイント③ 勤務日数・勤務時間は盛る!

面接では「週に何日勤務出来ますか?勤務時間は何時間くらいになりそうですか?」と必ず聞かれます。お店としては週に1日でも多く勤務してくれる女の子の方を採用するんですね。
だからルックスが似通った女の子がワーッと面接に来ると、やっぱり勤務時間や勤務日数の多い女の子を優先して採用するんです。

面接の場合「どうなりそうか?」と聞かれている段階なので「まだハッキリとは分からないのですが」と前置きした上で、週に2日くらいしか勤務出来そうにない時は1日日数を足して「週3日くらい出勤できます」と盛りましょう!勤務時間も少しくらいなら盛って構いませんw

ただし、週2日しか勤務出来そうにないのに「週5日はいけます!」とか「毎日オープンからラストまで全然余裕です!」と大嘘をつくのはNG。盛り過ぎると逆にお店の信頼を失ってしまうので、やや盛る程度にとどめてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA